Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

InterSystems IRIS Data Platform: 分析とビジネス上の洞察のための効率的な統合データプラットフォーム

ESG Lab Review

要約

このESGテクニカルレビューレポートは、InterSystems IRIS Data Platform のパフォーマンステストを当社が検証した結果を記載したものです。テストは、3つの一般的なデータベースを比較して、概念実証環境(Proof of Concept)で実施しました。このテストは、金融サービス業界における一般的なクエリ実行のパフォーマンスの検証に重点を置いたものです。

課題

トランザクションと分析のいずれのビジネスプロセスも、データによって遂行されます。顧客およびパートナーとのトランザクションによって、収益および利益が決まります。一方、データ分析によって(そのデータが顧客やサプライヤから得られたものであれ、センサやマシンから得られたものであれ)重要な洞察が得られ、ビジネス上の意思決定のための情報を提供します。リアルタイムデータをビジネス上の意思決定を下すための知識に変換する能力は、成功と失敗の分かれ目となる可能性があります。データ管理テクノロジは、分析のための強力な基盤を提供する必要があります。また、簡単な配備、高い費用効率、容易な拡張に加え、何よりも高いパフォーマンスが要求されます。遅延が生じると、クエリへの回答とビジネス変革が妨げられます。ESG が IT 部門の意思決定者にデータ管理上の課題について尋ねると、最も多い回答はパフォーマンスでした。第2位以降の回答には、セキュリティと制御の問題、データ品質、コスト、リアルタイム要件への対応がありました。

ほとんどの組織では、複数のデータベースを利用しており、そのためインフラストラクチャコストと人件費の両方が増大しています。組織は、リアルタイム、履歴、自然言語の処理とビジネスインテリジェンスを含むすべてのトランザクションと分析の負荷に対応するために必要なリソースを減らすことができれば、コストを削減できます。しかし、組織は、データの耐久性、拡張性、管理の容易性と共に、高いパフォーマンスを実現しなければなりません。

ESG Technical Review をダウンロードする

関連するトピックス

あなたが好きかもしれない他のリソース