Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

FHIRを介したTrakCareへの患者の薬とアレルギーの統合

INTEROPenとFHIR

ローズは84歳の女性で、高血圧と関節リウマチを患っています。 自宅で一人暮らしをしながら、35マイル離れたところに住む娘と毎週面会しています。 また、ローズは毎日、ケアワーカーによる日常生活のサポートを受けています。

日曜日、ローズはこのところ体調が悪く、それが悪化し、吐き気や混乱が見られるようになったため、ケアワーカーが心配になりました。 介護士が救急車を呼び、ローズは病院に運ばれます。

病院の救急科の医師は尿路感染症と診断し、トリメトプリム 200mg を 1 日 2 回、3 日間処方しました。 ます。ローズは高齢者病棟に移され、さらに観察が続けられます。 ましたが介護福祉士に確認したところ、毎日薬を服用していまし、それを所持していませんでした。 病院のチームは、現時点ではこれ以上の臨床情報は得られていません。

病棟にいる間、ローズはさらに悪化し、さらなる臨床的介入が必要となりました。 彼女のかかりつけ医(GP)は、彼女が以下の薬を服用していることを確認しています。

  • ベンドロフルメチアジド、2.5mg、1日1回
  • リシノプリル、10mg、毎日
  • シンバスタチン 40mg、夜間投与
  • メトトレキサート(20mg)、毎週水曜日1回投与
  • 葉酸、5mg、水曜日を除く毎日
  • パラセタモール、1g、必要に応じて1日4回

メトトレキサートはトリメトプリムと相互作用します。 ローズの抗生物質の投薬は、こうした処方に従って調整され、症状を抑えるための日々の投薬は継続されます。 ローズは病院で完治しましたが、自宅で服用している薬が分からなかったため、入院合併症が起こり、長期入院を余儀なくされました。

このようなシナリオはよくあることです。 その結果、治療の遅れ、臨床合併症、入院期間の長期化を招くことが多くなっています。

さて、このシナリオを再現してみますが、患者の自宅の薬に、時間や曜日に関係なく、臨床チームが TrakCareEPR内で、オンデマンドかつ診療の現場で容易にアクセスできることを想像してみてください。 処方ミスが回避することができれば、入院期間も短くなり、患者さんの不快感も軽減されたはずです。

イングランド国民保健サービス(NHS)は、すべてのGPシステムで使用できるオープンなFHIR APIのセットを定義しており、同一のAPIを通じて、DM+D(Dictionary of Medicines and Devices)コードとSNOMEDを使用して、構造化およびコード化された薬とアレルギーデータを提供することが可能です。 この要件は、一部の薬やアレルギーが遡及的にコード化されていないため、含まれない可能性があるという事実によって複雑になります。したがって、これらのAPIの利用者は、臨床的に安全な方法でコード化されたデータとされていないデータの両方を処理する必要があります。

英国では、インターシステムズは、HL7 FHIRをベースとしたオープンな相互運用性標準を定義し採用を推進するベンダー、NHSプロバイダー組織、ソーシャルケア、NHS中央組織、標準化団体からなる INTEROPenの創設メンバーであり、ベンダーの共同議長も務めています。 INTEROPenは、年間4~6回のハッカソンを開催し、会員企業の開発者が標準規格やAPIをテストし、実際の臨床シナリオに基づいたシステム接続に使用できるようにします。 7月に行われた最新のハッカソンでは、インターシステムズが同一のGP Connect FHIR APIとNHS Spineを活用し、TrakCareと2つのGPシステムとの統合に成功しました。 NHS Spineはバックボーンとして、患者のデモグラフィックとレコードロケーションを提供します。 例えば、患者のNHS番号を入力すると、NHS Spineはその患者の記録が保存されているGPシステムへ誘導します。

「Patient Medicines On Admission」データ入力画面とNHS番号を使ってスパインに接続すると、インターシステムズは自動的に正しいGP記録を見つけ、FHIR APIにアクセスしてFHIRデータを取得し、そのデータを使ってTrakCareに患者記録を入力する機能を構築し実証しています。 コード化された投薬データを検証し、臨床医向けに関連する表示データとともにDM+Dコード化された投薬として記録しました。 コード化されていない薬やアレルギーのデータについては、患者さんのカルテにフリーテキストで保存し、臨床医がTrakCareに構造化・コード化されたデータとして入力できるようにしたことを示しました。 一方、TrakCare Visual Ruleは、処方時点で構造化されていないアレルギー記録がある場合、処方者に警告を発します。 これにより、処方者は、構造化されていないこのアレルギー記録に対して、通常のリアルタイムの意思決定サポートが提供されていることを十分に認識することができました。

現在、TrakCare内の製品として正規化しており、2021年初頭にはTrakCare 2020のお客様にもご利用いただける予定です。 この機能を導入したのはイギリスが世界で初めてで、TrakCareはこれをサポートする初めての急性期EMRだと考えています。

この機能をお客様が利用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 処方(およびアレルギー)の適時で的確なチェック(MOA)
  • プライマリーケアーの薬とアレルギー記録の明確化
  • 転記的なステップを排除
  • 入院患者の電子処方・投薬管理(ePMA)および服薬照合に継続的に対応できる実用的なMOA

当社は、この機能を当社の顧客ベースに展開する計画を立て始めており、相互運用性の重要な部分から得られる利点の詳細を提供することを楽しみにしています。


この記事は、2020年11月6日- OnTrak News Flash No.6に掲載されたものです。

関連するトピックス

あなたが好きかもしれない他のリソース。