Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

未来を見つめて:2021年とその先の医療

エコノミスト・ウェビナー(英語によるWebinar)

The Economist logo

このパンデミックは、医療分野のデジタルトランスフォーメーションの課題に火をつけたと言っても過言ではありません。 一晩で、新型コロナの治療に直接関係のないものはオンラインに移行しました。 遠隔医療の普及に伴い、その指標は革新的なものとなりました。 このような傾向は大いに歓迎すべきことであり、結局のところ、デジタルヘルスの利点は数多くあります。 適切に行われていれば、患者の予後が改善され、収益に貢献することになります。 今日のプラグイン社会は、このケアパラダイムの大きな変化に対応するための準備がかつてないほど整っています。 2021年には、最も整っていない環境である家庭が病院になりました。 データと新しいテクノロジーが、この変化を支えています。 とはいえ、遠隔医療がポストコロナ・パラダイムの礎となるためには、フラストレーションが溜まるほど断片的なステークホルダーを集結させる必要があります。 その必要性は明らかですが、患者さんをケアの溝に落とさないための手段は限られています。

Future Gazing: Healthcare in 2021 and Beyond

このウェビナーでは、以下を取り上げます。

  • 継続したケアの中で、どの部分が特にデジタル化に向いているのか。
  • もし、他の産業から、情報主導によるシームレスな消費者体験の最良の要素を取り入れたとしたら、どのようなヘルスケア体験を生み出すことができるのか。 どうすればそれを実現できるのか。
  • データ共有技術は、今後どのように進化していくのか。
  • 今後1年、5年、10年の間に、ヘルスケア体験はどのようなものになるか。
  • ビッグテックは、「伝統的な」医療提供者とどのように関わり、どのように変容しているのか。
  • リモートケアは、どのようにすれば人間味を保ち、患者中心であり続けることができるのか。
  • データプライバシーとセキュリティに関する患者の懸念が最大の信頼の壁となっているのか。
  • オンライン化が健康アウトカムの不平等を悪化させないようにするにはどうしたらよいか。

また、 サマリーレポート コンパニオンインフォグラフィックもダウンロードできます。

あなたが好きかもしれない他のリソース。