インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

未来を見つめる: 2021年とその先の医療業界

エコノミスト ウェビナ

未来を見つめる: 2021年とその先の医療業界 - エコノミスト ウェビナ

パンデミックは、医療業界におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の課題に火をつけたと言っても過言ではありません。一夜にして、Covid-19の治療に直接関係のないものは、全てオンラインに移行しました。遠隔医療が普及し、その評価指標はイノベーションの印象的なストーリーを表します。デジタルヘルスの利点は数多くあり、この傾向は大いに歓迎されるべきです。適切に行われれば、患者の予後が改善され、収益にも貢献します。今日の社会は、ケアのパラダイムが大きく変化することに対して、かつてないほど準備が整っています。2021年には、もはや家庭が病院になっています。この変化を支えているのは、データと新しいテクノロジーです。とはいえ、遠隔医療がポストコロナのパラダイムの礎となるためには、今までは関連の無かったステークホルダーで協働する必要があります。その必要性は明らかですが、患者に負荷をかけずに実現するための時間は限られています。

*本動画は日本語字幕付きです。日本語字幕を表示するには、YouTube画面の右下の「字幕」アイコンをクリックしてオンにし、「設定」アイコンの『字幕』で「日本語」をご選択ください。

0:00 / 0:00
Video Companion

 

このウェビナでは、以下の内容をお伝えします。

  • デジタル化に適しているのは、一連の医療において、どの部分か。
  • 他の業界から、情報主導型でシームレスな顧客体験の要素を取り入れることができるとしたら、どのような医療体験が可能になるか。また、それを実現するにはどうすれば良いか。
  • データ共有の技術は、今後どのように進化していくか。
  • 1年後、5年後、10年後の医療体験はどのようなものになっているか。
  • ビッグテック(大手テクノロジー企業)は、伝統的なヘルスケアプロバイダーとどのように相互作用し、変化しているか。
  • どのようにすれば、遠隔医療が人間的な要素をもち、患者中心の医療を提供できるか。
  • データのプライバシーやセキュリティに関する患者の懸念は、信頼を築く上で最大の障壁となっているか。
  • オンライン化が、治療結果での不均衡を生まないようにするためには、どうすればよいか。

このウェビナはThe Economist Eventsが主催し、インターシステムズが協賛しました。

あなたが好きかもしれない他のリソース。