Data

Cachéを学ぶ

インターシステムズでは、既にCachéをお使いのご開発者様、またこれから使われる方向けに、様々なタイプの学習用コンテンツをご用意しております。ぜひご活用ください。

Caché技術ガイド

Cachéを使ったプログラミング方法や、ツール操作方法、アクセス方法別の解説資料を、随時更新しています。自習用資料としてご利用ください。

初めて体験される方は「ファーストステップガイド」が最適です。
Cachéのデータエンジンのアーキテクチャについて知りたい方は「多次元データエンジンの概念およびアーキテクチャ」が最適です。

Caché概要解説書

Caché技術資料

  • Cachéファーストステップ・ガイド
    初めてCachéを使われる方向けにCachéのプログラミングの基本を解説します。
    サンプルプログラム (128KB)

  • Caché/Ensemble トラブル対応ガイド~情報収集編~
    Caché/Ensemble でトラブル発生時に使用する情報収集ツールの使い方を説明するガイドです。

    収集結果を元に弊社サポートセンターが解析を行い、お客様と一緒に原因追及または復旧方法を探ります。万が一のときに備え、事前に情報収集ツール使用方法を確認されたい方に最適なガイドです。

  • Caché 管理概要
    Caché で構築されたアプリケーションおよびシステムを運用管理していくために必要な Caché の基本構造や、設定項目についての概要をご紹介しています。
    *本ガイドは既にCaché をお使い頂いている方、「Caché ファーストステップガイド」を読み終えた方を対象としています。

  • Caché/Ensembleパフォーマンス調査ガイド
    ~知っておこう システムの基準値~

    パフォーマンスに問題が発生したとき「正常時とどこが違うか?」が確認できることで、問題の切り分けを迅速に行うことができます。本ガイドでは、パフォーマンス障害を未然に防ぐため管理者が知っておきたい”正常時のシステムの状態”を把握するためのツール使用方法を解説します。
    *本ガイドは既にCaché/Ensemble をお使いいただいている方、またはCachéファーストステップガイド/Caché管理概要ガイドを読み終えた方を対象としています。
    サンプルファイル (12KB)

  • エラー処理方法解説ガイド
    Caché/Ensembleのサーバー内でプログラミングを行う際のエラー処理方法(TRY-CATCH)を解説するガイドです。
    *本ガイドは既にCaché/Ensembleで開発中の方(または「Caché ファーストステップガイド」をご体験済みの方)を対象としています。
    サンプルファイル (3KB)

  • Caché ObjectScriptガイド
    Cachéはデータベースであると同時に、強力な開発用スクリプト記述言語を装備しています。このガイドでは、Cachéの独自スクリプト記述言語である「Caché Object Script」について解説します。

  • Caché SQL機能ガイド
    Cachéの持つコアテクノロジに、「統一データアーキテクチャ」があります。このテクノロジを持つことにより、オブジェクトとリレーショナルの両アクセスが可能となります。このガイドでは、CachéのSQL機能について解説します。
    サンプルプログラム (3.45MB)

  • Caché オブジェクト操作ガイド
    Cachéのもつオブジェクト機能は、継承、関連など完全なオブジェクト指向をサポートしているので、オブジェクト指向開発による生産性向上の恩恵をフルに受けることができます。このガイドでは、Cachéオブジェクトを利用したアプリケーション開発方法の基本を解説します。
    サンプルプログラム (7KB)

  • Caché XMLガイド
    CachéでXMLの機能を利用するためには、Cachéが持つライブラリクラスを使用します。このガイドでは、Cachéが持つXML機能を提供しているクラス使用方法について解説します。
    サンプルプログラム (19KB)

  • Caché Server Pagesガイド
    Cachéは独自のWeb技術「Caché Server Pages」(略:CSP)を標準で装備しています。CSPはHTML文書に専用タグを埋め込んだりCaché独自スクリプトを埋め込んだり、また画面遷移せずにCachéサーバへ処理を依頼できるユニークな機能(HyperEvent)を持っています。このガイドではCSPの仕組みや画面作成方法について解説します。
    サンプルプログラム (6KB)

  • サンプルプログラムのインポート・エクスポート解説資料
    このガイドではサンプルプログラムのインポート・エクスポートについて解説します。

TOPに戻る

講師付きクラスルームコースに参加する

クラスルームコースでは、講師による解説と、解説に沿った演習をご体験いただきながらCachéに対する理解を深めることができます。
クラスルームコースは、インターシステムズ東京オフィスにて開催いたします。1 コース最大8~10名様までお受けしており、個別開催も受け付けております。開催日程については、ご依頼いただきましてから日程を調整させていただきます。

TOPに戻る

オンラインコース(英語)を受講する

オンラインコースでは、お客様の好きな場所、好きな時間に受講いただける無料のトレーニングコース(英語)を各種ご用意しております。
コンテンツには、学習テーマにあわせた概要説明用の数分のビデオやアニメーション、説明文、クイズ、演習環境などが含まれます。
ユーザ登録画面にて、お名前とメールアドレスを登録するだけで全オンラインコースをご利用いただけます。

*オンラインラーニングの利用方法については、「オンラインラーニング使い方ガイド」をご覧ください。

  • Getting Started with Caché
    このコースでは、Cachéの基本概要、アーキテクチャ、アプリケーション構築の際の選択肢、各種ツールの使い方(管理ポータル、開発環境:スタジオ、ターミナル、ドキュメント)を学習いただけます。
  • Caché Objects Introduction
    このコースでは、Cachéオブジェクトの基本操作を学習できます。このコースでは、Cachéのクラス定義やメソッド作成方法、またオブジェクトの生成、保存、ロード、削除を実際の操作を通してご理解いただきます。コースの前提知識:オブジェクト指向言語によるプログラミング経験があること
  • Caché Objectscript Basics
    このコースでは、ObjectScirptの基本操作を習得できます。具体的には、コマンド、変数の操作などを学習します。
  • Creating a Caché Class Definition
    このコースでは、スタジオでのクラス定義作成方法を学習できます。具体的には、クラス定義文を使用した定義構造の解説とシンタックスについて解説しています。

TOPに戻る

チュートリアル

チュートリアルでは、ハンズオン形式で実際にCachéを体験しながら学習いただけます。(チュートリアルをお試しいただくには、Cachéのインスタンスにアクセスする必要があります)

TOPに戻る