Data Platform wallpaper

インターシステムズは、4回に渡り、InterSystems IRIS 2021.1の新機能や、開発を行う上で有用な機能をご紹介するウェビナーを開催致します。10月の火曜と木曜のお昼12時半から約30~40分で、弊社の技術者が、インターシステムズの最新テクノロジーについて解説します。ぜひご参加ください。

 

開催予定のウェビナー

第1回:10/12(火)InterSystems IRIS Adaptive Analyticsのご紹介
第2回:10/14(木)Python Gateway のご紹介
第3回:10/19(火)SQLから始める機械学習 – IntegratedMLのご紹介
第4回:10/21(木)FHIR新機能

時間:12:30~13:00予定(約30~40分)
*12:30よりON24の使い方を説明致します。本編は35分より開始します。ON24の使い方については、こちら(PDF)もご覧ください。
開催形態:ON24を使用したオンライン形式
参加費:無料

事前登録は、以下よりお願い致します(ON24の申込ページへリンクしています)。


第1回(10/12火)InterSystems IRIS Adaptive Analyticsのご紹介

講師:インターシステムズジャパン セールスエンジニア 岩本知宏Iwamoto

メジャーなBIツールをUIとして使用可能な、エンタープライズ向けの分析機能です。
サイロ化しがちな多次元データモデルを一元管理することで、セルフサービスBIを促進します。

事前登録はこちら

 


第2回(10/14木)Python Gateway のご紹介

講師:インターシステムズジャパン 教育サービス担当 飯島美穂子

バージョン2021.1より、External Language Gateway に Python のサポートが追加されました。また、External Language Gateway の機能強化により外部ストアドプロシージャが利用できるようになり、Java、.Net、Python のコードを SQL から直接実行できるようになりました。

このウェビナーでは、Python から IRIS にアクセスしてみたい、IRIS から Python のコードを実行してみたい、とお考えの開発者の方を対象に、Python から IRIS へアクセスする方法(PyODBC/JDBC/Native API)の振り返りと新機能 Python Gateway の使用方法をご紹介します。

事前登録はこちら
 


第3回(10/19火)SQLから始める機械学習 – IntegratedMLのご紹介

講師:インターシステムズジャパン SEマネージャー 堀田稔Horita

データサイエンティストと呼ばれる高度なスキルを持った人材が不足するなど、実際に機械学習を活用したシステムを開発し、ビジネスに生かすところに到達するまでには様々な課題があります。InterSystemsは、アプリケーション開発者の方々が、IRIS data platformに保存されているデータとSQLを用いて、機械学習を容易に利用できる仕組み – IntegratedML – を開発しました。IntegratedMLの概要について是非ご覧ください。

事前登録はこちら

 


第4回(10/21木)FHIR新機能

講師:インターシステムズジャパン セールスエンジニア 小野奈海

次世代の医療情報交換フレームワークといわれるFHIRですが、IRIS for HealthではFHIRリポジトリ、データを規格に合わせる変換処理等のFHIR規格の実装・利用のための機能を提供しております。最新バージョンの2021.1ではFHIRアプリケーションの実装をさらに楽にするための開発を支援する様々な新機能が追加されましたのでご紹介させていただきます。
※今回の内容にFHIR規格の概要は含まれません。FHIR規格につきましてはFHIR+IRIS for Health 101 – YouTube(動画)をご参照ください。

事前登録はこちら

 


 
InterSystems IRIS & IRIS for Health 2021.1 新機能のご紹介
このビデオでは、昨年リリースされたバージョン2020.1から、新バージョン2021.1の間で追加/改善/強化された機能についてご紹介しています。合わせてご覧ください。

 
 
ウェビナーに関するお問合せは、こちらからお願い致します。

【お問合せ】
インターシステムズ セミナー事務局
jpcontact@intersystems.com