Healthcare

高価値でより効率的な診療に、診療と請求データをリアルタイムに活用

米国の医療費は、2025年までに平均年5.8%増加すると言われています。医療費の支払いをする誰もが支払った以上の価値を得る方法を探しています。

よりよいアウトカムをより低コストで

誰もが、より多くの人に、よりコストを抑えて、よりよいアウトカムを得られることを望んでいます。古くから使われている請求データだけでビジネスや診療の決定をしているのでは、こうしたゴールの達成は困難です。

InterSystems HealthShareソフトウェア は、リアルタイムに近い形で診療データを集約し、診療管理の連携を促進して、ビジネスプロセスを自動化し、コスト削減を可能にします。

doctor on computer

動的な情報共有で違いを生む

保険の顧客である患者に最良の診療を受けていただくには、タイムリーな情報アクセスが必要です。このことで、アウトカムが違ってきます。これは、積極的なリスク管理と診療連携の本質的なものです。

リスク管理

顧客のプロファイルは変わるため、リスクは継続的に変化します。救急搬送、入院、診断、再入院、ケアプランあるいは、医療におけるコンプライアンスなど、全てはアウトカムに影響を及ぼします。リスクを管理するには、保険会社と医療従事者がタイムリーに、完全で信頼できる情報を診療現場で交換する必要があります。

よりよい協調

HealthShareを利用して、保険システム、医療従事者のシステム、診療のためのワークフロー情報を統合し、共有することができます。薬局の請求、入退転院情報、検査結果、医師の所見などの情報は、顧客のプロファイルと診療要求の完全なビューを得るのに役立ちます。

包括的な顧客中心の情報がリアルタイムに利用できれば、ケアマネジャーは、顧客の健康に重大なイベントに関する通知を受けとれます。彼らは、保険会社、顧客、それぞれと効率的に協調することが可能になります。

doctors in a meeting

InterSystems HealthShareで価値を生み出す

価値に基づく診療への転換は、医療従事者に、コストを抑えてより質の高い診療提供を求めています。主要な品質指標を改善する一方で、支払いは、決められた医療費内で提供する診療に基づいて行われます。最近の研究によると、医療従事者は、60-70% は、その目標とするパフォーマンスに到達していないと言います。データ、リソース、連携する能力などが、がそのギャップを生んでいます。

価値に基づく支払いモデルのパートナとして、保険会社は、診療連携の調整、診療データを請求と組み合わせて品質管理を行う、分析機能を共有するなどで、医療従事者のネットワークを支援しています。最終的には、これが、顧客によりよい医療とアウトカムをもたらすという利点を生みます。

HealthShareは、リアルタイムで利用可能な医療情報を、医療従事者のネットワークと必要な顧客に提供します。その結果、以下のことが可能になります。

  • 医療システムのガイドを支援することでメリットを得、顧客との関係を深められる
  • 完全な情報に基づいた診療決定を確実に行える
  • 全ての医療チームにタイムリーな情報を与え、診療の移行を支援する
doctors talking in hallway

次のステップ

さらに詳しくお知りになりたい方、ご質問などはこちらのフォームからお問合せください。

次のステップ

弊社ではお客様の個人情報を適切に管理、保護につとめ、ご記入いただいた情報はお客様へのお問合せへのご返信のみに使用いたします。詳しくは、インターシステムズプライバシーポリシーをご覧ください。

1. “The State of Value-based Reimbursement 2016” conducted by ORC International and commissioned by McKesson.