space exploration

ビッグデータの課題のために開発された技術

宇宙天体の地図の作成であれ、ゲノム研究、公衆衛生の研究、あるいは国が推し進める調査であれ、そこには膨大なデータが求められます。インターシステムズ技術の拡張性、信頼性が、非常に多くの研究・調査に選ばれていることは、驚きではありません。

銀河の形成、構成、進化を解き明かす

欧州宇宙機構(ESA: European Space Agency)は、今日の天文学における最大のデータ分析プロジェクトとなるガイアミッションにおいて、インターシステムズ技術を利用しています。これは、ESAのガイア衛星が、約10億個の天体のデータを観測し、銀河の三次元マップを作成するミッションです。

Mapping the Milky Way

“Cachéを使うことで、他のデータベースシステムによって可能となる以上の高性能処理と拡張性を実現しました。”

William O’Mullane
欧州宇宙機構
global impact