全てのマルチモデルDBMSは、同じではない

今日の新しいアプリケーションは、1つの入れ物にきれいに収まらず、それをサポートするデータベース管理機能が求められています。例えば、旅行のお勧めや予約ビジネスのアプリケーションを構築するとき、異なる多くのデータベースを利用するのではないでしょうか。ユーザセッションのためのキーバリューストア、製品カタログのためのドキュメントデータベース、お勧めのグラフデータベース、財務データのためのリレーショナルデータベースなどです。

1つのサイズで全てのデータベースで対応できていたころ―1つの(リレーショナル)データベース選択で大丈夫な時代―は、大昔のことです。リレーショナルデータベースは、今日でも多くのアプリケーションで正しい選択肢である一方、ある種のアプリケーションで、リレーショナルデータベースでは単純に対応できない場合は、非リレーショナルを使う方が利点があります。

リレーショナルデータベースは、データをテーブルと列で表現し、SQLでデータにアクセスし操作を行います。信頼性と ACID 保証やクエリやレポートのための SQL の効率性とシンプルさが求められるトランザクションアプリケーションには、大変よい選択肢です。しかし、リレーショナルデータベースは、データベース管理者、予め定義したリレーショナル構造を必要とするといったコストがかかります。さらに、データサイズやワークロード増加には経済的にスケールしません。それでもリレーショナルデータベースは、多くのミッションクリティカルなアプリケーションで正しい選択肢で、引き続きそれらを支えています。

対照的に、例えばドキュメント、オブジェクト、グラフ、キーバリューデータベースなどの非リレーショナルデータベースは、リレーショナルデータベースに対して、確実な利点を提供します。柔軟性や拡張性などの点では、特にそうです。非リレーショナルデータベースは、予め設定するスキーマ作成のための DBA を必要とせず、開発者は、決まったデータ構造にマッピングする懸念がなく、データをより簡単に保存、管理することができます。

幸いにも、こうした異なる種類の DBMS 技術の全ては、成熟しており、堅牢で、利用可能で、アプリケーション開発者に、彼らのアプリケーションで活用可能な豊富な範囲の機能を提供します。

実際、今日、数百ものデータベースが市場で利用可能ですが、製品に活用されている全てのデータベースの約半分は非リレーショナルデータベースになります。

しかし、複数のデータベース技術をアプリケーションに組み入れるのは、シンプルとは限りません。

マルチモデル―ポリグロット永続化と呼ばれる―への1つのアプローチは、データ構造の各型をサポートした異なるデータベースを利用することです。これは、ベストオブブリード アプローチです。このアプローチでは、アプリケーションのライフサイクルを通して、異なるデータベースシステムの導入、同期、保守を行うのは、複雑でエラーを誘引します。

もう1つのアプローチは、業界でマルチモデルと呼ばれているものを使うことです。マルチモデルデータベースは、1つの「製品」でさまざまなデータ表現ができるものです。しかし、全てのマルチモデルデータベースが同じではありません。中には、ポリグロットダイアグラムに沿っていて、複数の異なるデータベースエンジンを持ち、異なるデータ表現をしているものもあります。これは、データの重複を引き起こし、異なるデータストアでのマッピングや統合が必要です。また、エンジンの中で異なるモデルをサポートしているが、同じデータではないといったものも存在します。

インターシステムズにおいては、マルチモデルデータ管理に対してピュアなアプローチを採用しています。当社の製品 InterSystems IRIS Data Platform は、データを1つの表現でストアしています。単一のデータベースエンジンを利用して、複製することなく、データに対して、リレーショナルと非リレーショナルの両方のアクセスと操作をサポートしています。非リレーショナルアクセスに対しては、予め定義したスキーマを必要としません。トランザクショナル ACID 保証を提供し、垂直方向、水平方向の両方の拡張が可能で、オンプレミス、パブリック、プライベートクラウド、ハイブリッド(パブリック/パブリック、パブリック/プライベート、クラウド/オンプレミス)環境での配備をサポートしています。同じデータに、SQL を使ってアクセス、操作、あるいは、ドキュメント、オブジェクト、キーバリューとして扱うことが可能です。アプリケーション開発者は、複数のデータベースを扱ったり、複数のデータストアを統合したり同期をとったりする必要がありません。

当社のマルチモデルアプロ―チは、不利益なく、そしてポリグロット永続化に伴う複雑さや非効率性がなく、リレーショナルと非リレーショナル技術の両方に有益なものです。

ベンタナリサーチの SVP 兼リサーチディレクタであり、長きに渡る業界の重鎮である デビッド・メニンガー氏は、マルチデータ表現の必要性についての興味深い分析、マルチモデルデータベースのさまざまなアプローチについての利点/欠点について書いています。彼のレポートはこちらからお読みいただけます。

 
Joe Lichtenberg
インターシステムズの製品および業界別のマーケティング担当。様々なデータ管理、分析、クラウド・コンピューティングテクノロジ・プロバイダでの豊富な経験をもつ。

 

Joe Lichtenberg

Joe Lichtenberg is responsible for product and industry marketing for data platform software at InterSystems. Joe has decades of experience working with various data management, analytics, and cloud computing technology providers.

コメントを残す

*